Jazzcafe Nobu
ジャズって難しい??イエイエ××ジャズ初心者からベテランまで♪聴きやすくてお勧めのジャズのCD・LP♪をトラディショナルジャズから最新のジャズまで分かりやすく紹介します。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
後期の爆演・隠れた人気盤
2007年12月30日 (日) 10:50 | 編集
sonic boom

Sonic Boom ソニック・ブーム
~リー・モーガン (Trumpet), ロン・カーター (Bass ), シダー・ウォルトン (Piano), デビット・ファットヘッド・ニューマン (Sax (Tenor) ), ビリー・ヒギンズ ( Drums)

録音1967年(ブルー・ノート)
1. スニーキー・ピート
2. ザ・マーセナリー
3. ソニック・ブーム
4. ファットヘッド
5. アイル・ネヴァー・ビー・ザ・セイム
6. マンボ・ジャンボ

60年代後半(67年)の作品なので、あまり有名ではないらしい。
しかし、この演奏を聴いて欲しい!!

1曲目スニーキー・ピートから
「ズッコン・バッコン・ズッドン・パラ・パラー」
と爆裂演奏。
3曲目まで息もつかせない、ハイビートでバリブリ吹きまくり!

リー・モーガンのハイトーン切れまくりで鳴りっぷり抜群のペット!
ブルージーでクールなニューマンのテナー!
的確なリズムなカーターのベース!
唸りを上げるドラムのヒギンズ

モーガンの音速を超える切れ味鋭いペットに
ヒギンズの衝撃波による爆発音を叩き出す!
と言われる所以がわかります。


ちなみに、友人のジャズファンに聞かせた所、
本当に衝撃が走ったらしく、すぐに購入したらしい。

バリバリノリノリ大好きなジャズが好き方にお勧めです。


スポンサーサイト
やっぱりちょいワル(不良)ジャズ
2006年01月19日 (木) 09:29 | 編集

キャンディ「リー・モーガン」デビュー作
1958年録音
リー・モーガン(ts)、ソニー・クラーク(p)、ダグ・ワトキンス(b)、アート・テイラー(ds)

19歳にしてリーダーアルバム。
トリオ(ピアノ・ベース・ドラム)をバックに珍しいワンホーン(トランペットだけ)の構成。
クリフォード・ブラウンの後継者として華々しく脚光を浴びていた時代の作品
33歳で公演中に愛人に撃たれて死亡。

デイジー・ガレスビーやクリフォード・ブラウン、マイルス・ディビスと競演したのが、リー・モーガンの演奏形態を決めたと言われてます。一聴するとガレスビー・ブラウニーの熱気あふれる演奏法に注目が行きますが、相反する叙情的なマイルスの演奏法が随所に出て来るのが魅力的。

ノブのお勧めはなんと言っても表題曲の
1曲目キャンディ!
とってもポップで華やかで明るい曲。
都会の町並みをモードでバッチリ決めたスタイルで、鼻歌を歌うように軽ーーくトランペットを演奏しているように聴こえます。
やっぱり「ちょいワル(不良)ジャズ」が似合うのはリー・モーガンなのでは!
ドラム(アート・テイラー)の軽やかなブラッシングとコロコロと転がるようなピアノ(ソニー・クラーク)も聴き所。
19歳のデビューアルバムでバックにはベテランをしたがえているのに、全然気負った所がないように聴こえる所が、生意気とか言われているのかも。
でも、なんか憎めない所があってそこが魅力的ですね。

2曲目シンス・アイ・フェル・フォー・ユー
では一転してマイナー調な曲
ちょっと物悲しいリー・モーガンのペットが歌い上げます。

3曲目C.T.A.
はマイルスが演奏しているアルバムを持っていますが、リー・モーガンのペットは切れ味鋭い!小気味良くて華麗!派手!
気持ち良い鳴りっぷりも見事。

4曲目オール・ザ・ウェイ
はしみじみとしたスローバラード。
リー・モーガンのロングトーンが部屋に響き渡ります。美しい音色にうっとり♪
ソニー・クラークのソロも、押さえ気味でちょっと間をずらし気味の演奏が雰囲気を盛り上げています。こちらも美しい音色♪
≫ "やっぱりちょいワル(不良)ジャズ" の続きを読む...
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。