Jazzcafe Nobu
ジャズって難しい??イエイエ××ジャズ初心者からベテランまで♪聴きやすくてお勧めのジャズのCD・LP♪をトラディショナルジャズから最新のジャズまで分かりやすく紹介します。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そば屋の出前持ちが口ずさんだ伝説のジャズ
2006年04月25日 (火) 17:46 | 編集

アート・ブレーキー「モーニン」
アート・ブレーキー(ds)リー・モーガン(tp)ベニー・ゴルソン(ts)ボビー・ティモンズ(p)ジミー・メリット(b)

ブルーノートに録音されたアルバムの中で最も人気の高い、そして売れまくった作品。日本におけるジャズブームの火付け役になった超大名盤。

まず強烈なジャケット!
ブラックの背景にアート・ブレーキーのブラックの面構え。
それに比べて、タイトルの「モーニン」は軽くファンキーな印象。
自分が思うに土臭い「黒」と軽いノリの「ファンキー」の調和のとれた、名曲ばかりの超お勧めアルバムです。
若干20歳のリー・モーガンは、若さと勢いでクリフォード・ブラウンばりにバリバリ切れ味鋭く吹きまくってます。
リーダーのアート・ブレーキーのドラミングも圧巻!
ドラムのリーダー作品は少ないと思いますが、このアルバムを聴けばアート・ブレーキーがリーダーであることに納得。とにかく派手、華麗、時折入るつぼを抑えたドラムが目立っています。「ドラム・サンダー」を初めて聴いた時は、「祭り」を感じました。なんか和太鼓を叩いているような重いドラミングとリズムは強烈。スティックだけの演奏もバチさばきに聴こえたのは、自分だけかなぁーー・・??
ベストセラーの作品には、強烈な音が宿っていますよ!

どの曲も佳作ばかりですが、ノブのお勧めは
1曲目「モーニン」
ピアノのテーマ~ホーンの伴奏で始まり、次にホーンのテーマ~ピアノの伴奏に変わります。一度聴いたら、頭にこびりつくカッコイイイントロです。
これを口ずさみながら、チャリンコで蕎麦の出前をしていたんでしょうね?
「ファンキーな蕎麦屋」ってどんな味なんでしょう(笑)
ピアノとホーンの間に入ってくるドラムが、いい味。
ピアノのボビー・ティモンズの作曲です。
 2曲目アー・ユー・リアル
ではノリノリで思わず体がスウィングしてます。
 4曲目ドラム・サンダー組曲
はとにかくインパクトの強い曲。
ブラックパワー炸裂です。
 5曲目ブルース・マーチ
ジャズなのにブルース?マーチ?
超クールな曲。この曲も大ヒットしたそうです。
歯切れの良いホーンセクションが聞き所です。
≫ "そば屋の出前持ちが口ずさんだ伝説のジャズ" の続きを読む...
スポンサーサイト
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。