Jazzcafe Nobu
ジャズって難しい??イエイエ××ジャズ初心者からベテランまで♪聴きやすくてお勧めのジャズのCD・LP♪をトラディショナルジャズから最新のジャズまで分かりやすく紹介します。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
超美形ジャズ・ボーカリスト
2005年11月24日 (木) 23:37 | 編集

「ジェーン・モンハイト」の「テイキング・ア・チャンス・オン・ラヴ」
美形のジャズボーカリストです。
ルックスだけではなく、確かな歌唱力の持ち主。
軽快なジャズから映画音楽まで、ノリの良い曲からしっとりと聞かせる曲まで非常に中身の濃いアルバムです。
DVDはお買い得。ライブの雰囲気が最高です。

1曲目ハニー・サックル・ローズ
ウッドベースので出しから、軽快な歌声でノリの良いジャズがスイングします。その後ピアノとドラムのシンプルな伴奏が入ります。
録音もよく、出だしのウッドベースの弾む響きをオーディオチェックにも使っています。

2曲目イン・ザ・スティル・オブ・ザ・ナイト
では、一転してオーケストラの伴奏でしっとりと艶やかにそしてしっかりと歌いあげます。

3曲目テイキング・ザ・チャンス・オン・ラヴ タイトル曲になっています。
軽快なノリの良い切れのある歌声で、思わず体も動き出すジャズナンバーです。

その他お勧めとして
5曲目アイ・ウォント・ダンス
はマイケル・ブーブレとのデュエット。
懐かしいミュージカル映画を思い出させるような、ボーカルの掛け合いが聞かせ所です。バックはビックバンド。

9曲目アイ・シュッド・ケア
途中で入るホーンセクションの掛け合いが聞き所。
歌声も演奏も明るい切れのあり、聴いていて楽しくなる曲です。

そして最後の14曲目オーヴァー・ザ・レインボウ
がなんといってもしびれます。
最後の声の伸びには鳥肌ものです。

聴けば聴くほど、彼女の歌声に惹きこまれてゆきます。
軽快なジャズから、映画音楽をしっかりと歌い上げる曲まで非常に中身の濃い聴き応えがあるアルバムです。
≫ "超美形ジャズ・ボーカリスト" の続きを読む...
スポンサーサイト
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。