Jazzcafe Nobu
ジャズって難しい??イエイエ××ジャズ初心者からベテランまで♪聴きやすくてお勧めのジャズのCD・LP♪をトラディショナルジャズから最新のジャズまで分かりやすく紹介します。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブラウニー
2005年10月31日 (月) 17:44 | 編集

天才的なトランペッター、クリフォード・ブラウンの最高傑作『スタディ・イン・ブラウン』
の紹介です。
ジャズ界の頂点と言われるミュージシャンは、マイルス・デービスかもしれませんが、テクニックと歌心という点では、クリフォード・ブラウンの方が上だと思っています。

現在も含めて最高のトランペッターは、クリフォード・ブラウンではないでしょうか?


その並外れたテクニックはこの『スタディ・イン・ブラウン』を聴けば納得です。
このアルバムは自分がジャズの聴き始めに出会って、それこそ100回位聞いたお気に入りのアルバムです。

1曲目「チェロキー」はダ・ダ・ダ・ダで始まる特徴的なイントロに続けてメロディーラインが終わった後、ブラウニーのソロが始まります。
その、息もつかせないような、激しいリズム。
実際どこで、ブレスをしているか分からない圧倒的・怒涛・火を吹くテクニックはすごいの一言。

相棒のマック・ローチのドラミングも呼応するように、激しく叩き分け、盛り上げて行きます。

他のメンバー、ピアノ、テナー、ベースも必死で追いつて行きます。が時としてブラウニーが早弾きの速度を手加減しているのでは?と思う程ブラウニーが凄過ぎ!!
クリフォード・ブラウンの音色はアドリブは初めから完璧で、様子を伺いながら作って行く感じではありません。そして、その人柄を感じさせる暖かく、明るく陰りのない演奏は、聴いていて気持ちが良い。
愛称は「ブラウニー」で人柄も良く誰からも愛されたそうです。

5曲目の.GEORGE'S DILEMMAのイントロでは、ドラムのマックスローチのチンチン~~~から始まります。このシンバルのチンチンの余韻の~~~が綺麗に再現されると鳥肌が立ってくる程感動します。
ジャズの楽器は生音が多いのですが、ある程度オーディオにも力を入れるとライブの空気間が目の前で再現されます。
その理由もあって、ジャズファンはオーディオにものめり込むのでしょう。


マイルスは一時ドラックに溺れた時期があります。しかし、クリフォード・ブラウンの演奏を聴いてショックを受けドラックを止めたそうです。

若干24歳で自動車事故で他界します。もしそのまま、第一線で活躍していたならばジャズの歴史は変わっただろうと言われています。



≫ "ブラウニー" の続きを読む...
スポンサーサイト
ニコラ・コンテ
2005年10月27日 (木) 16:23 | 編集

ジャズの王道の大名盤から、いきなり「ニュージャズ」の
ニコラ・コンテ『アザー・ディレクションズ』の紹介です。

ニコラ・コンテはイタリアのクラブのDJ&プロデューサー。
音楽的には、ジャズとブラジル音楽にクラブラウンジの雰囲気をプラスしていて、とにかく聴きやすくカッコイイ!!

自分はイタリアのアナログ盤を持っていますが、生音とボーカルの選曲がじっくり聴いても良し、ながら聴きでも良し。
(ただしアナログ盤は1ヶ月待たされました)
初心者にも、お勧めのCD&LPです。

全曲駄作がなくて、どこから聴いてもOKです。
また非常に女の人にも受けるCDのようです。

CDはCCCDなので、やはりこれもアナログがお勧めになってしまうなーー!!
輸入盤は音が良い物が多いのだけれど、盤の状態が多少反っている物が多いのが難点ですね。



≫ "ニコラ・コンテ" の続きを読む...
大名盤
2005年10月26日 (水) 16:30 | 編集

『ワルツ・フォー・デビー』がやや哀愁を帯びているのに対して
軽快で明るく分かりやすいのが
ソニー・ロリンズの『サキソホン・コロッサス』
これも超大名盤です。

1曲目の「St.Thomas」超有名な曲で何回聴いても体が踊ってしまいます。
まずマックス・ローチの正確なドラムから始まりロリンズのサックスが手始めにメロディを吹きます。
それから、ボヘッボヘッっとややリズムを崩しながら音を探り、それからのロリンズのサックスの疾走感がすごい!まさにジャズのアドリブの真骨頂です。
そこに加わるドラム、トミー・ファラナガンのピアノ、ダグワトキンスのベースが乗っかり一体となって、強烈に走り出すのは非常に気持ち良い!

簡単に聴こえるアドリブでも、完璧とも思えるメロディ♪がこのアルバムを非常に有名にさせたと思えます。

ジャズの良さはアドリブにあると思っていますが、緊張感のある中で、肩の力が抜けた一瞬の音の出会いが、良く出ている作品です。

他の「モリタート」など、全曲名演奏ばかり!
何回でも聴いてしまう初心者お勧めアルバムです。

ちなみに、自分はCDとLP(クラッシクレコード重量盤)を持っています。
もちろんLPの音の体に浴びるように弾けて飛んでくる生ぽいサウンドが病みつきです。


≫ "大名盤" の続きを読む...
ワルツ・フォーデェビー
2005年10月21日 (金) 09:18 | 編集

超大名盤のビル・エヴァンス『ワルツ・フォー・デェビー』
この印象的なジャッケットは何処かで見覚えがあるかもしれません。


ジャズクラブ「ビレッジ・ヴァンガード」のライブ録音で、お客の笑い声や、グラスのふれる音、そして列車の通る超低音のごう音などが一緒に録音されています。
しっかりしたオーディオで再生すると、まるで目の前で演奏しているような臨場感が再現され、一度味わってしまうとジャズの深みにどんどんはまってしまう、そんな不思議な力を感じさせる名盤です。

個人的にも、オーディオ再生のチェック盤として使っています。

1曲目の「My・Foolish・Heart」はとても美しいメロディで、詩は「誰でも恋をするとちょっと愚かになってしまう」そんな恋の歌です。
何度聴いても感動してしまう、新しい古いとか感じさせない、ゆったりとしたイントロから始まるお勧めの曲です。
ちなみに、去年のピアノの発表会で演奏しました。

2曲目の「Waltz・for・Debby」は3拍子のゆったりとしたとっても雰囲気のある曲。
エバンスのピアノにラファエロのベースが乗ってモチアンのドラムがリズムを刻む。
ゆったりとした中にも緊張感があり、アドリブに入ってからの疾走感が分かってきだすと、もう貴方はジャズの虜です。

その他どの曲も、美しいメロディでお勧めですが
6.My Romance
9.Milestones
10.Porgy (I Loves You, Porgy)などがお気に入りです。

ちなみに、自分はCDとSACDとLP3種類のソフトを持っています。
なにが、何が一番かというと・・・・
CDの厚みのある音SACDの空気感も素敵ですが、
やっぱり、アナログの生生しさが最高!!
やっぱりジャズはアナログだべさ。

≫ "ワルツ・フォーデェビー" の続きを読む...
お勧めのジャズCD
2005年10月20日 (木) 11:53 | 編集

ジャズ初心者にお勧めのCDが
『NOW JAZZ BEST millennium』
ジャズを聴きたいけど、何から買っていいか?迷っているならこのCDがお勧めです。

どの曲も超有名な演奏で聴きやすい曲ばかりですが、それだけでなく何回聴いても飽きのこない、名演奏ばかりです。
自分はジャズの聴き始めの時、百回以上聴いてました。


まず主な曲とミュージシャンを紹介します。
1曲目の
1.枯葉・オータム・リーブス(ビル・エヴァンス)
枯葉はジャズの中の曲でも、超スタンダードの曲です。
いろいろなジャズメンが演奏しています、他にオスカー・ピーターソンの演奏も有名ですね。
その中でもビル・エバンスの枯葉が一番好きです。
ピアノのエバンスとウッドベースのスコット・ラファエロとドラムのポール・モチアンが伴奏という形ではなく、独立してそれぞれが主役で演奏している所が聴き所です。


2曲目のディア・オールド・ストックホルム(マイルス・デイヴィス)
ジャズに興味がない人でもマイルス・デイヴィス)の名前は聞いたことがあるのではないでしょうか?
ジャズの長い歴史の中でずっとリードし続けた人です。
何がすごいのか?というと
トランペットの演奏の上手いミュージシャンは他にもいると思いますが、マイルスのすごい所は、演奏以外の所がすごい!
と言っても、初めて聴く人には納得できないと思います。
曲のアプローチのフィーリングが神業で、思いっきり吹きまくる所よりも、ちょっと斜めに引いて吹いている所がすごい!
と自分では思っています。
聴けば聴くほど味がでる、ジャズ界の神様的存在です。

4曲目のクレオパトラの夢(パド・パウエル)
このピアニストの超絶弾きは大変有名で、今のピアニストでもコピーするのは難しいと思います。
ジャズは他の音楽と一番違うところは、アドリブにあると思いますが、アドリブの出来はその時々で違ったりします。
このクレオパトラの夢では完璧とも思える演奏で、一度聴いたら何回も聴きたくなる名演です。


他のお勧めとして
6.テイク・ファイヴ(デイヴ・ブルーベック
8.レフト・アローン(マル・ウォルドロン
9.マイ・ファニー・ヴァレンタイン(チェット・ベイカー)
10.ワーク・ソング(キャノンボール・アダレイ)
11.セント・トーマス(ソニー・ロリンズ)
13.恋とは何でしょう(アート・ペッパー)
14.スターダスト(ナット・キング・コール)
15.ラウンド・ミッドナイト(セロニアス・モンク)セント・トーマス(ソニー・ロリンズ)
17.アイ・リメンバー・クリフォード(リー・モーガン)

そして先日紹介した5.フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン(小林桂)

ジャズ評論家と呼ばれている方の中には、オムニバス盤を進めない方も多いのですが、
まずはこのCDを聴いてジャズの楽しさを知ってもらえたら嬉しいです。

≫ "お勧めのジャズCD" の続きを読む...
今日から発信
2005年10月18日 (火) 17:03 | 編集
えーと初めまして、毎日音楽漬けの日々のノブです。

ブログは初めてでホームページの方が得意ですねん。

4・5年前から音楽(特にジャズ)に目覚め、オーディオにも凝り
毎月10枚以上はCDとLPを買っています。

自分が聴いた中で、お勧めのCDやLPを紹介していきたいと思っています。
確かにジャズは難しい曲もあります。
だけど、自分は基本的に聴きやすい曲が好きなので初心者にも安心して聴ける、お勧めのCDやLPを紹介して行きたいと思います。

まずは、ジャズにのめりこむきっかけとなった1曲から

お昼休みになにげにFMを聴いていたら
『小林 桂』の『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』が流れて来ました。
それまでは、ジャズはあまり良く知らなかったけど
そのメロディーを聴いた時、ビッビッ!とくる何かを感じました。

すぐに、アルバム『ジャスト・ユー』を買いました。
当時小林桂は20歳前半、まあそれにもビックリしたのを覚えています。
お勧めの曲は『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』の他に

オードリーの映画「マイ・フェア・レディ」の曲中歌でもある『君住む街で』
大々好きな映画「オータム・イン・ニューヨーク」の主題歌『ニューヨークの秋』

訳詩も本人が書いていて、ジャズが好きでたまらないのが伝わってきます。
Jジャズは日本人には聴きやすいアレンジが多いのですが、
ジャズを知るきっかけにお勧めのCDです。




≫ "今日から発信" の続きを読む...
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。