Jazzcafe Nobu
ジャズって難しい??イエイエ××ジャズ初心者からベテランまで♪聴きやすくてお勧めのジャズのCD・LP♪をトラディショナルジャズから最新のジャズまで分かりやすく紹介します。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちょいワル(不良)ジャズ
2005年12月27日 (火) 17:45 | 編集

ブラウニー(クリフォード・ブラウンの愛称)が何故ちょいワル?と思う方もいるかもしれませんが、実はこのアルバムの6曲目「ジョードゥ」が笑っていいともの「ちょいワル」のコーナーの中年のオヤジ変身後の時に流れる曲なのです。

1954年ブラウニーとマックス・ローチで結成した双頭バンドの初スタジオ・セッション。ハード・バップ史上最も素晴らしい作品のひとつです。
全ての演奏がノリノリで若さを前面に出した思わず体が動き出すアルバム。

マックス・ローチ(d)のドラムの叩き分けとリズムの正確さも見事。
ハロルド・ランド(ts)との最後の一音までずれない演奏はすご過ぎ!(呼吸がピッタリなのです)
バド・パウエルの弟リッチー・パウエルの才能も素晴らしい!

クリフォード・ブラウンにはずれ無し!です。

どの曲もお勧めではずれがないのが、クリフォード・ブラウン。
高速トランペットでは、ただ早いだけじゃなくしっかり歌心ある演奏。
アドリブではしっかり最後まで躊躇することがなく吹いており、計算しつくされた完璧な演奏は、神様というほかない。


2 パリジャン・ソロフェア でのブラウンのソロは見事。
4 曲目からのダフード 5 ジョイ・スプリング 6 ジョードゥ 7 ホワット・アム・アイ・ヒア・フォー 8 ジョイ・スプリング 9 ダフード
までノリノリで一気に聴きまくりましょう♪
≫ "ちょいワル(不良)ジャズ" の続きを読む...
スポンサーサイト
昼ジャズ!(おとぎ話)
2005年12月20日 (火) 17:15 | 編集

ジャズというと夜のイメージが強いと思いますが、昼間(noon)にジャズを聴いて欲しい所から名前をとったらしい(多分&汗)

ファースト・アルバム「better than anything」と
セカンド・アルバム「my fairy tale」(おとぎ話という意味らしい)の紹介です。
ゆったりとていねいに語りかけるような歌声がとっても心地良い~♪
休日の昼下がりにカフェで聴くのがピッタリです。
もちろん夜でもOKです。

まささく昼下がりにFMからnoonの「ムーン・リヴァー」が流れてきてすぐファンになりました。
ジャズのスタンダード中心にボサノヴァ・ポップスも透明感のある歌声で歌っています。

ノブのお勧めは
better than anythingからは
ムーン・リヴァーは優しい歌声でゆったりとした3拍子
クロース・トゥ・ユーではちょっと切なく風のようにささやきかけてくれます。
8曲目ダンケシェン はDOCOMOのCMで流れた曲

my fairy taleからは
Tea for twoはやっぱり昼下がりに二人でお茶しながら聴きたい曲
ヒア・ゼア・アンド・エヴリホェアはビートルズの曲
原曲もささやくように歌ってますが、noonの語りかけるよな声が心地良いです。
星に願いをでは、ロマンチックに暖かい空気に包まれます。
13曲目Close To YouはTOYOTA・HOMEのCMで流れています。


どの曲もリラックスして心暖かくなってきます。
何度聴いても聴き疲れしない雰囲気がお勧め。
ジャズのジャンルを超えて気軽に聴いて欲しいnoonです。
自分も聴く回数が多いCDです。
≫ "昼ジャズ!(おとぎ話)" の続きを読む...
ニューヨークのため息
2005年12月13日 (火) 11:55 | 編集

ヘレン・メリル・ウィズ・クリフォード・ブラウン
ニューヨークのため息と呼ばれる「ヘレン・メリル」と天才トランペッターの「クリフォード・ブラウン」と天才アレンジャーの「クインシー・ジョーンズ」の出会いが白人ヴォーカリストの最高傑作と名高い名盤を生み出しました。

ユード・ビー・ソー・ナイス・トゥ・カム・ホーム・トゥはCMでも流れるあまりにも有名な曲。
出だしのイントロのバリサク(バリトンサックス)が後で流れるブラウニーの輝くトランペットをより効果的に引き立てる役割をしています。アルトでもテナーでもなくバリトンサックスを持ってきた所が、クインシーの技かも。バックのピアノの控えめのバッキングなども、ヘレンとブラウニーをより盛り立てています。

他にもスタンダード・ナンバーのオンパレードです。
ヘレンメリルのハスキーボイスが名アレンジと完璧のフレージングのトランペットで歌を盛り上げます。
この1枚でヘレンの名声は不滅なものとなりました。

1曲目ドント・エクスプレイン
はちょっと暗めに歌い上げます。
トランペットも悲しげに歌い上げ、クインシーのアレンジが静寂とした雰囲気を醸し出しています。

2曲目ユード・ビー・ソー・ナイス・トゥ・カム・ホーム・トゥ
この曲でヘレンの人気を不動にさせた名曲。
今聴いても古さを感じさせないまさに名唄の曲です。
イントロが流れてきただけでジャズの香りがいっぱいでスウイングしています。

3曲目ホワッツ・ニュー
ではちょっとブルーな感じでゆったりと唄いあげています。ブラウニーのソロでは光り輝くトランペットが眩く印象的に盛り上げます。

4曲目恋に恋して
ではアップテンポにそれでいてハスキーな歌声が軽やかではあるけれどちょっと悲しげに唄っています。

他に
7曲目スワンダフル
はアップテンポでスウィンギーな曲。ブラウニーの高速トランペットが切れ味するどく冴え渡ります。

どの曲もヘレンとブラウニーが甘くてちょっとブルーなジャズを繰り広げます。日本で得に人気が高かったのは、そのちょっとブルーな雰囲気が受け入れられたのでは?
1曲1曲に、物語がありその盛り上げるアレンジはさすがクインシー。
ヘレン・メリルの代表作ながら、ブラウニーのさびの演奏をより際立たせるため、バックミュージシャンをバリサクにしたり抑えめのピアノやドラム・ベースの演奏は計算しつくされたアレンジです。
聴けば聴くほど新しい発見があるアルバムです。ジャズの世界は奥が深い!

ノブの超お勧めのアルバムです。
とにかく初めは理屈無しでジャズを楽しんで下さい。
≫ "ニューヨークのため息" の続きを読む...
ジャズバイオリニスト
2005年12月09日 (金) 17:01 | 編集

ジャズバイオリニストの「寺井尚子 ピュア・モーメント」
ジャズには珍しいバイオリン奏者です。
そしてなんと言っても美形ミュージシャン。
自分は「モーション・ブルー横浜」でライブを見ましたがジャズを好きでたまらないのが伝わって来て嬉しかったです。ピアニストのアレンジも、好印象でした。

このアルバムはセカンドですが、なんと言っても選曲が良い!!
ジャンルを問わずに時にリズミカルに時にゆったりとした雰囲気にさせてくれます。
宇多田ヒカルのFirst Loveなど一度は聞いたことがある曲をジャジーなアレンジでじっくり聴かせてくれます。
お勧めの曲は、
1曲目ピアソラの"ADIOS NONINO"
ではリズミカルに切れの良いバイオリンで時に激しく聴かせます。
それからゆったりとしたバイオリンのメロディーが美しい!

2曲目のピュア・モーメント
では一転して、ゆったりとした雰囲気。
波が押しては引いてゆくような途切れることのないバイオリンの音色に気持ちが静寂になって行くのを感じさせる曲です。

それらかお勧めの
4曲目フラジャイル
この曲は、スティングの名曲です。まだ聞いたことがない方はぜひ原曲を聴いて下さい。
とってもスケールの大きい、ちょっともの悲しさを淡々と歌い上げています。
ピッチカート奏法が乾いた悲しさのような雰囲気を出していて、曲のイメージにピッタリです。

7曲目ファースト・ラヴ
宇多田ヒカルは、あまりにも有名です。原曲の詩も好きです。
シンプルなメロディーながら、美しさが際立っていてバイオリンの美しい音色がもの悲しい気持ちにさせ聞き惚れます。

ノブの一番のお勧めな曲が
8曲目ドリーム・カム・トゥルー
フュージョン・ギタリストの「アールクルー」の曲です。
この曲はリアルタイムで何回も聴いた大好きな曲で、このメロディーが流れてきた時に、鳥肌が立ちました。

全体的にジャズの枠を超えた雰囲気を持っている、多彩なアレンジ。
時に激しく、時に静寂に、繊細さと力強さを兼ね備えた彼女を表現していて、1枚は持っていて損はないアルバムです。

個人的に他に3~4枚アルバムを持っていますが、一番好きなアルバムです。
≫ "ジャズバイオリニスト" の続きを読む...
男のフェロモン・ジャズ
2005年12月05日 (月) 17:54 | 編集

ジャズ界のジャイアントと呼ばれる中の一人「ジョン・コルトレーン」
コルトレーン程、好きな人と嫌いな人が別れるジャズミュージシャンだと思います。
自分も後年の、シーツサウンドと呼ばれている音を散りばめた求道者のようなジャズは、はっきり言って不得意です。

コルトレーンのCDの中でノブの最もお気に入りのCDが
「ジョン・コルトレーン・アンド・ジョニー・ハートマン」
サックスが歌い、ボーカルが奏でます。
針を落とした瞬間から出てくるサウンドは、

まさに大人のジャズ♪
1曲目ゼイ・セイ・イッツ・ワンダフルでは
黒人クルーナー、ジョニー・ハートマンの甘く懐が広いゆったりとしてとろけるようなボーカルが、照明を落としてじっくりと聞きたくなります。
それから、コルトレーンのテナーサックスが深く部屋を包み込みます。

このCDでのノブの超お勧め!!の曲が
3曲目のマイ・ワン・アンド・オンリー・ラヴ
名曲・名演奏・名歌唱・まさに名盤!!
コルトレーンの歌っているような、美しいテナー♪
男でもうっとりするような、甘い歌声のハートマン♪
何処からテナーで何処からボーカルか分からない程、二人が溶け合って絡み合うサウンドは、何度聴いても・何回も聴きたくなる・名曲です。

バックのベースとピアノは、しっかりとバックアップしながら雰囲気を盛り上げて行きます。

この時期のコルトレーンは、マウスピースが合うのが無くて早弾きが出来なかったそうです。それがかえって、歌心たっぷりの演奏になったようです。
他にも「バラード」が超有名盤ですが、自分は「バラード」は気が抜けたような演奏に思え、この「ジョン・コルトレーン・アンド・ジョニー・ハートマン」が一番好きなアルバムです。

個人的には、やはりアナログ盤が深い静の世界に引き込まれて、心が暖かくなって行く瞬間が大好きです。

初心者はもちろん、コルトレーンを毛嫌いしているジャズファンにも超お勧めのアルバムです。
≫ "男のフェロモン・ジャズ" の続きを読む...
あらしのよるに
2005年12月02日 (金) 16:09 | 編集

今日は童話の「あらしのよるに」の紹介です。
音楽の紹介のブログなのに?何故と思いでしょうが、理由があります。
実は、市民劇団に入って(引きずり込まれた)まして、音楽と効果音を担当しています。
今年の出し物が「あらしのよるに」の演劇版でした。
急に映像も頼まれて、てんてこ舞いでした。

今月にアニメで公開されますね。
子供から大人まで、いや大人こそ感動できる内容です。
≫ "あらしのよるに" の続きを読む...
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。