Jazzcafe Nobu
ジャズって難しい??イエイエ××ジャズ初心者からベテランまで♪聴きやすくてお勧めのジャズのCD・LP♪をトラディショナルジャズから最新のジャズまで分かりやすく紹介します。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やっぱりちょいワル(不良)ジャズ
2006年01月19日 (木) 09:29 | 編集

キャンディ「リー・モーガン」デビュー作
1958年録音
リー・モーガン(ts)、ソニー・クラーク(p)、ダグ・ワトキンス(b)、アート・テイラー(ds)

19歳にしてリーダーアルバム。
トリオ(ピアノ・ベース・ドラム)をバックに珍しいワンホーン(トランペットだけ)の構成。
クリフォード・ブラウンの後継者として華々しく脚光を浴びていた時代の作品
33歳で公演中に愛人に撃たれて死亡。

デイジー・ガレスビーやクリフォード・ブラウン、マイルス・ディビスと競演したのが、リー・モーガンの演奏形態を決めたと言われてます。一聴するとガレスビー・ブラウニーの熱気あふれる演奏法に注目が行きますが、相反する叙情的なマイルスの演奏法が随所に出て来るのが魅力的。

ノブのお勧めはなんと言っても表題曲の
1曲目キャンディ!
とってもポップで華やかで明るい曲。
都会の町並みをモードでバッチリ決めたスタイルで、鼻歌を歌うように軽ーーくトランペットを演奏しているように聴こえます。
やっぱり「ちょいワル(不良)ジャズ」が似合うのはリー・モーガンなのでは!
ドラム(アート・テイラー)の軽やかなブラッシングとコロコロと転がるようなピアノ(ソニー・クラーク)も聴き所。
19歳のデビューアルバムでバックにはベテランをしたがえているのに、全然気負った所がないように聴こえる所が、生意気とか言われているのかも。
でも、なんか憎めない所があってそこが魅力的ですね。

2曲目シンス・アイ・フェル・フォー・ユー
では一転してマイナー調な曲
ちょっと物悲しいリー・モーガンのペットが歌い上げます。

3曲目C.T.A.
はマイルスが演奏しているアルバムを持っていますが、リー・モーガンのペットは切れ味鋭い!小気味良くて華麗!派手!
気持ち良い鳴りっぷりも見事。

4曲目オール・ザ・ウェイ
はしみじみとしたスローバラード。
リー・モーガンのロングトーンが部屋に響き渡ります。美しい音色にうっとり♪
ソニー・クラークのソロも、押さえ気味でちょっと間をずらし気味の演奏が雰囲気を盛り上げています。こちらも美しい音色♪
≫ "やっぱりちょいワル(不良)ジャズ" の続きを読む...
スポンサーサイト
ジャズ・ポップ・ヴォーカルの新星
2006年01月10日 (火) 15:59 | 編集
COLORS


偶然耳にして、お気に入りになった「英珠Eishu」
プロフィールは台湾の血を引く東京生まれ。中学の頃Aretha Franklinの歌に衝撃を受け、大学時代にはジャズ・クラブでスタンダードを歌い、U・S・Aに短期留学。その後ライブ・ハウスやクラブ・ジョイントなどに出演。2004年に「Songs」でデビューし注目を集める。
「Colors」は'60~'80年題のロック・ポップの名曲をメロディを大切にしながらジャズ・テイストで歌うというスタイルで注目を集める英珠。
「自分が本当に納得できる歌を歌っていきたい」という英珠の言葉通りの思いの詰まったアルバムです。

発売日2005年11月23日

参加ミュージシャン:英珠(vo)永田雅代(p,el-p)西村直樹(b,el-b)渡野辺マント(ds)に加えて、ゲスト・ミュージシャンとして、八木のぶお(hca=②)

昼下がりのカフェでゆったりしながら聴くのが似合う「英珠」
透明感のある伸びやかな歌声だけでなく低音も繊細に豊に表現しています。
ノブのお勧めは
1曲目Starting Over
4曲目Call me
6曲目Both Sides, Now
マイナー調のピアノのイントロがとっても美しい10曲目Desperado
ピアノとのデュオでしっとりと、ちょっとせつなく歌い上げています。
ノブの一番のお気に入りの曲です。


このアルバムが気に入ったら、デビューアルバムの「Songs」もお勧めです。

[収録曲]
1.スターティング・オーヴァー (Just Like) Starting Over
 ジョン・レノンの遺作「ダブル・ファンタジー」の1stシングルで、全米、全英共No.1。 この曲がチャート上昇中にジョンは凶弾に倒れた。英珠の歌は伸びやかで、柔らかみがある。
2.愛しのキッズ Kid
 プリテンダーズの1stアルバムの先行シングルで全英チャートで上位。作者のクリッシー・ハインドはU.S.A.出身。
 原曲とは相当違うアレンジで、新しい歌世界が広がっている。
3.ゴーイング・アウト・オブ・マイ・ヘッド Going Out Of My Head
 リトル・アンソニーとインペリアルズの'64年のヒットでセルジオ・メンデス&ブラジル'66がカヴァー。
 ここではそのどちらでもない感じで、心地よい。初期邦題は「君に夢中」。
4.コール・ミー Call me
 ブロンディの全米、全英共No.1だが、映画「アメリカン・ジゴロ」のテーマ曲で、
 プロデュース、ジョルジォ・モロダー。原曲とはまるで違い、英珠の歌は切なさがあふれる名唱。
5.イフ・アイ・エヴァー・ルーズ・ディス・ヘヴン If I Ever Lose This Heaven
 クインシー・ジョーンズの「ボディ・ヒート」よりの曲だが、ヒットしたのは
 アヴェレイジ・ホワイト・バンドのカヴァー。ここではしなやかさがあるヴァージョンに仕上がった。
6.青春の光と影 Both Sides, Now
 ジョニ・ミッチェルのオリジナルで、ジュディ・コリンズが取り上げ、同名映画のテーマとしてヒット。
 英珠は以前からこの曲を取り上げており、テクニックを意識させない歌唱。
7.スターマン Starman
 デイヴィッド・ボウイの初期を代表するヒット曲。レゲエっぽいリズムに乗って
 英珠があまり陰影を付けずに歌っている。やや未来っぽく、このアルバムでも異色のナンバー。
8.愛の哀しみ Nothing Compares 2 U
 シンニード・オコーナーの世界的ヒット曲だが、元はプリンスが自分に近しいバンド、
 ザ・ファミリーのために書いた曲。ここではゴスペルっぽさを強調しすぎないヴァージョン。
9.悲しいうわさ I Heard It Through The Grapevine
 モータウン在籍時代の'67~'68年にグラディス・ナイト&ピップスとマーヴィン・ゲイで競作になり
 共にヒットした曲。軽い感じのファンクっぽい仕上がりで、歌もタイトな感覚。
10.ならず者 Desperado
 イーグルス2ndアルバムのタイトル曲。リンダ・ロンシュタット、カーペンターズなど 様々なアーティストがカヴァーしている名曲。ピアノとのデュオで深みと味わいのある歌唱。



≫ "ジャズ・ポップ・ヴォーカルの新星" の続きを読む...
ザ・トリオ
2006年01月07日 (土) 10:37 | 編集

トリオと言えばこの「オスカー・ピーターソン・トリオ」と呼ばれている位有名。
このアルバムは題名の通り、リクエストしなくなるような有名曲ばかり!
圧倒的なテクニックでスウィングしながらも、一度聴いたらハミングしたくなるような親しみ易さ。ジャズを初めて聞く人にも超お勧めの1枚です。
録音が良いことでも定評があり、ピアノ・ドラム・ベースがそれぞれの位置で目の前で演奏しているように再現されるのは、オーディオ&ジャズファイルには快感です。オーディオ・チェックにも良く使われています。
またオスカー・ピーターソンと言えば日本を代表するジャズピアニスト「小曽根真」さんが、ピーターソンのライブを聴いてジャズピアニストになる決心をしたことでも有名。
因みに自分は、CD2種類・SACD・LPと4種類持っています。
アナログの奥行きのある音がとてもGood!
オスカー・ピーターソン(p)レイ・ブラウン(b) エド・シグペン(ds)を従えたピアノトリオ1964年10月19&20日ニューヨークにて録音。

1曲目コルコヴァートド アントニオ・カルロスジョビンの作品です。
出だしのジョイ~ン♪が印象的。それからピーターソンの軽やかなピアノが続き、その後にレイブラウンの強靭なベース・エド・スグペンの一体となったドラミングが盛り上げます。スウィング・スウィング・スウィング♪思わずステップを踏みたくなるようなリズムカルな演奏です。

2曲目酒とバラの日々 このスタンダードナンバーはCMでも良く流れてくる有名な曲。
初めのピアノの「ピーン」のアタック音!この音がひずみがなく出てくるのが気持ち良い。それから、シンバルの華やかさが彩りを添えます。
ピアノとベース・ドラムが一体となってスウィングしてます。

3曲目マイ・ワン・アンド・オンリー・ラヴ はゆったりとしたバラード
4曲目ピープル はバーバラ・ストライザンドが歌ってヒットした曲

アナログレコードではB面の1曲目になる6曲目ユー・ルック・グッド・トゥ・ミー
冒頭の「チーン」の綺麗なひずみのない高域とウッドベースの弓を使ったボォウイングの低域の胴鳴りがの部分がオーディオ的に興味がある所。オーディオとは本当に奥が深くて、その人が持っているステレオによって音が全部変わって聞えるんですよ。

7曲目イパネマの娘 アントニオ・カルロスジョビンの作品で大ヒット曲ボサノバブームの火付け役になった曲でもあります。
このアルバムの中でも代表する曲でもあるし、ピーターソンを代表する曲でもあるのでは?ピーターソンのテクニックとアレンジがメロディアスに軽やかに音を奏でます。

FMTOKYOの土曜日17時から「アバンティ」が放送されていますが、最後に流れているのがオスカーピーターソンのピアノです。
まさしく、ジャズバーあたりで流れているのにピッタリなアルバムです。
グラスを傾けながら気楽にスゥイングしながら聴きましょう♪

やっぱりピアノトリオは心地良い♪
≫ "ザ・トリオ" の続きを読む...
akiko「Little Miss Jazz & Jive goes around the world」
2006年01月02日 (月) 15:25 | 編集

あけましておめでとうございます。
今年一番初めに紹介するアルバムは、年末にやっと届いた
akiko『Little Miss Jazz & Jive goes around the world』アナログ盤です。
今回は初の元ピチカート・ファイヴで現在DJ/プロデューサーとして大活躍中の小西康陽プロデュースによるジャンプ&ジャイヴ・アルバム。
ジャンプ&ジャイヴとは40~50年代にアメリカの黒人の間で流行した、ジャズとロックンロールの合体形であるダンス・ミュージック。
従来のジャズのジャンルにこだわらずに、常に新境地を求めて行くakikoに注目!!
アナログならではの大きい懐かしい雰囲気のアートなジャケット。特注の40's風スーツに身を包んだakikoも必見。
音質的にはベースの低域と中域にエネルギーがあるヴァーブサウンド。


1曲目アイ・ウォント・ユー・トゥ・ビー・マイ・ベイビー
針を落として音が出た瞬間、マイクテストのボンッボンッという重低音。"ONEーTWO、ONEーTWO、TEST、TEST"の声から始まる「スイングしなけりゃ意味がないね」がCool!
デューク・エリントンのスタンダードナンバーをハイスピードでダンサブルに歌うakikoがとにかくかっこいい!!
思わず体がウズウズして踊りだしたくなります。
最後の「JAZZ!」の声でスパッ!と終わるのもCool!!

2曲目アラウンド・ザ・ワールド
空港の出発前のような雑多な音の洪水から飛行機が飛び出して・・・
世界中を旅する。そんな心と体がウキウキする曲。
ビックバンドの楽しい雰囲気が出ています!

3曲目.フラット・フット・ブルージー
アコーディオンのイントロから始まる、古き良きアメリカのホームドラマに流れているようなちょっとユーモラスで平和な空気感を出してます。

4曲目アイム・ビギニング・トゥ・シー・ザ・ライト
ダブルオルガンが印象的な曲。スゥイギーで丁寧に歌い上げる声がセクシー♪

5曲目アイ・ウォント・ユー・トゥ・ビー・マイ・ベイビー
バンジョーとコーラスが40年代を感じさせる曲。オルガンも雰囲気を出していてかなり良い!
音的にも中域にエネルギーがあり時代を出してますね。

6曲目ミスター・サンドマン
なんと言ってもハープとビヴラホンが柔らかい音でノスタルジックな雰囲気を出しています。akikoがジャイブに踊ったらカッコいいんだろうなーー
そんなPVが見たくなるような曲でーす♪

7曲目アイム・ビギニング・トゥ・シー・ザ・ライト
ダブルトロンボーンが印象的。思わず口ずさみたくなるスゥンギーな曲です。

8曲目イズ・ユー・イズ・オア・イズ・ユー・エイント・マイ・ベイビー
ハッピーな気持ちにさせてくれる楽しくて踊りだしたくなる曲
サッチモ(ルイ・アームストロング)を思い出させるスキャットと歌心があるトランペット。バンジョーが40年代のジャズの雰囲気を出してます。
 でもでもあまりにもサッチモに似ている。もちろんサッチモを崇拝して作ったのだろうけど。個人的にサッチモの生き方と音を尊敬しているので微妙です。もちろんそんな事を気にせず、楽しんで聞けばそれでかまわないのですが。

ダンサブルでリズムカル。思わず体が動き出したくなるスタンダードナンバーがいっぱいつまったハッピーなアルバムです。
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。