Jazzcafe Nobu
ジャズって難しい??イエイエ××ジャズ初心者からベテランまで♪聴きやすくてお勧めのジャズのCD・LP♪をトラディショナルジャズから最新のジャズまで分かりやすく紹介します。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちょいワル(不良)ジャズ
2005年12月27日 (火) 17:45 | 編集

ブラウニー(クリフォード・ブラウンの愛称)が何故ちょいワル?と思う方もいるかもしれませんが、実はこのアルバムの6曲目「ジョードゥ」が笑っていいともの「ちょいワル」のコーナーの中年のオヤジ変身後の時に流れる曲なのです。

1954年ブラウニーとマックス・ローチで結成した双頭バンドの初スタジオ・セッション。ハード・バップ史上最も素晴らしい作品のひとつです。
全ての演奏がノリノリで若さを前面に出した思わず体が動き出すアルバム。

マックス・ローチ(d)のドラムの叩き分けとリズムの正確さも見事。
ハロルド・ランド(ts)との最後の一音までずれない演奏はすご過ぎ!(呼吸がピッタリなのです)
バド・パウエルの弟リッチー・パウエルの才能も素晴らしい!

クリフォード・ブラウンにはずれ無し!です。

どの曲もお勧めではずれがないのが、クリフォード・ブラウン。
高速トランペットでは、ただ早いだけじゃなくしっかり歌心ある演奏。
アドリブではしっかり最後まで躊躇することがなく吹いており、計算しつくされた完璧な演奏は、神様というほかない。


2 パリジャン・ソロフェア でのブラウンのソロは見事。
4 曲目からのダフード 5 ジョイ・スプリング 6 ジョードゥ 7 ホワット・アム・アイ・ヒア・フォー 8 ジョイ・スプリング 9 ダフード
までノリノリで一気に聴きまくりましょう♪
オリジナル盤発売年 : 1955

クリフォード・ブラウン(tp)・ハロルド・ランド(ts)・リッチー・パウエル(p)・ジョージ・モロー(b)・マックス・ローチ(d)

曲目
1 デライラ
2 パリジャン・ソロフェア
3 ブルース・ウォーク
4 ダフード
5 ジョイ・スプリング
6 ジョードゥ
7 ホワット・アム・アイ・ヒア・フォー
8 ジョイ・スプリング
9 ダフード


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。